News  /  Upcoming Shows  /  Past Shows  /  Release  /  Myspace  /  mind  /  Contact 
2018.10.21 Sunday

KEN TAKAKURA

不器用な男

演じていた役でのセリフだがそう自分を例えた俳優。


不器用な人間

世渡り下手。少し工夫すれば5分で済む事を2年かけてもモヤモヤしながらも解決もしないし問題もそのまま。

学校の生活、社会人の出世もそうだ。

立場の強いグループに入るべくして入る人間とそのグループから目の敵にされる人間とどちらでもない人間。

どちらでもない人間てのはどちらでもないから相手にされない。のではなく掴み所がないから。


思えば俺は学生時代。とりわけローティーンの自分は自分を出した事がなかった。

人の目を極端に意識することが取り柄というか。


遠回りを常に選んでここまで来た。

遠回りが普通だから苦でもないし驚きもない。

近道なんて知らない。人に尋ねることもできないし見つけようとも思わない。

1度会っても次に会うときはどうせ他人。


家の目の前にスターバックスなりタリーズなりドトールなりがあってその隣にホットドック100円自販機があったとしたらいくらスタバやタリーズが100円のコーヒーを販売していたとしても俺はなんの迷いもなくホットドック100円自販機を選びよく分からない缶コーヒーを買う。


昔よく思って言ってたのが

若い連中だらけのマックの時給800円の仕事をするのと過酷な労働の代名詞マグロ漁船に乗るのとどっちがいいか?その二つしかコノヨに職種がなければどっちを選ぶか?

もちろん俺は漁船。それもなんの迷いもなく船員になるはずだ。


おれの不器用てそんな感じ。


中年になった。ティーンエージャーでもないしやる気に漲る20代でもない。

落ち着いて物事を判断できる貯えと余裕のある30代でもない。

もう40だ。

映画だと少年時代ははな垂れ小僧。手癖も口も悪いクソガキが大人になったときスーツを着て育った街に現れるようなシーンだね。


俺はどうだ。

変わらない。

何も。

環境と自分以外の家族を守ることが増えた位で。

根本自分は何も変わらねぇ。

もう分かった。俺は変わらねぇ。変わることよりも維持して多分死ぬと思う。


もう変わることよりも変わったら負け、の気持ちに切り替える。


冬を越せる気持ちが。

不器用な男。

不器用な男は。

不器用な男と。

不器用なまま。

不器用な死にかたで。


ああ

ぼくのバスが行ってしまう。


2018.05.15 Tuesday

実録 男の地平線

俺めちゃHOT SNAKES好きなんすよね。特に1st。てか1stが。好きなんすよ。

DLJの2枚より。

1stの1曲目のイントロ始まった瞬間

「オー〜。。哀愁…。マジで悲しいリフや…」

なんつて激しさと錆びた哀愁に撃たれたんですよね。

でもリリース当初は俺の回り(3人位)の反応は地味で「あーまぁまぁじゃない?」て感じでしたね。

しかも歌もね。DLJよりしっかり歌がある。ていう。

アコギ一本で成り立つ楽曲。余裕でアンプラグド出来るっしょ。

聴いてて嗚呼SPEEDOも切ないんだな…。

て思った。

アンプに近づけて「ピギュギュギュ〜」て鳴らすフィードバックはどうやってるんでしょうかね?

ピックアップがEMGなんだよな確か。  


ギターもだけどとにかく曲が良い。

リックとSPEEDOはヒロトとマーシー位に切っても切れない関係ですよね。


仙台にCWP観に行った時ボーリングシャツのCWPを先輩が「ジョンレイスよりジョンレイスじゃん」て比喩してて面白かった。


youtubeがある今は動くバンドが難なく観れるけど俺しばらくリックの顔分からなかった。

「サーストンムーアに似てるらしい」とか言ってたな。笑

ミシガンフェスのDVDで初めてちゃんと顔見たな確か。

あのDVDのデスキャブの格好ダサかった。




2018.05.15 Tuesday

手紙~あの頃の君へ~

男の子から手紙が届いた。

「ギターソロは難しくないとソロではないのですか?学校でソロも弾けないのにギター弾けるとか言うな、とクラスメイトから言われて悩んでます。嘘ギターリストなんて酷いあだ名も付けられました。難しいソロを弾けないとギターを弾いてると言ってはいけないのでしょうか?悔しくて手紙を書きました。HOTEIはどう思いますか?」

難しくない、けどカッコいい。そんなギターソロを。とHOTEIは思った。

思えば自身もそんな幼く純粋な気持ちをギターのネックを握りしめた時は感じていた。

HOTEIは思い出した「そうだ。俺はギターソロよりも鏡の前でピートタウンゼントの腕の振りをマネしてジミの歯で音を出す様な奇抜さにシビれてた。DEVOのマネをしてドガヘル改造して被ったり。ギターリストはそもそも外観の格好良さから入った!確かにソロを難しいとしたことは俺にもかなりの非があるな。。チェッ…」

「この少年のような難しいギターソロを弾けなくても誰でも、そう。なんなら今ギターを始めた人でも弾けて且つカッコいい宇宙的なソロを作ろう」


HOTEIはもう一度鏡の前に立ちギターを抱えてピートタウンゼントの腕の振りのアクションをして思いきり高く飛んだ。

そう。あの頃の自分を思い出して。

 

しかし。


頭が天井に突き刺さってHOTEIはそのまま抜けなくなった。

こうしてかの名曲「サレンダー」のギターソロが出来上がった。

※全部

フィクションです。

さっき考えマスタ。すみません。



PR